プラっと プライマリ・ケアに ちょっと詳しく、ぱっと身につく、きっとワクワク

プライマリ・ケアについて図解やイラストでやさしく発信していきたいと思います

Bad news は、「SHARE+P」~がんや深刻な病気の告知を、かかりつけ医もサポートします!~

f:id:SoyGP:20210827002503j:plain



 専門科研修中の家庭医療専攻医が、がんの告知を受けた患者さんのサポートについて振り返ってくれました。

・告知を受けている間は、患者さんは気丈にふるまっている。医師には不安はあらわにしていない。
・診察室を出た後に、外来看護師さんに不安を吐露してフォローを受けている。
・そこでさらに、家庭医からのサポートがあればどんなに頼もしいか。 

 

 Bad newsを、家庭医でしっかりサポートしたいなぁ・・・
 
Bad news tellingのSHAREプロトコル*1

に、

P(プライマリ・ケア)を足せたらいいなぁと思いました。

 

  • 紹介させてもらった患者さんの診断は何だったか
  • その診断を受けて患者さんがどう感じているか
  • これから家庭医としてどんなサポートができるか
私たち家庭医は、とても気になってます。
 
そんなわけで、SHARE+P

Bad newsは、SHARE+P



専門医の先生には、
ぜひBad news tellingの最後に
「かかりつけ医も頼りしてね」
の一言を添えてもらえたら、患者さんはもちろん専門医の先生方のサポートがきっとできるはずです。