プラっと プライマリ・ケアに ちょっと詳しく、ぱっと身につく、きっとワクワク

プライマリ・ケアについて図解やイラストでやさしく発信していきたいと思います

医療の経験・知識ゼロでも学べる「患者中心の医療」

医療の経験・知識ゼロでも学べる「患者中心の医療」

 

「『患者中心の医療』ってなんだか良さそう!だけど、それって何なの?」という方へ、医療の経験・知識ゼロでも理解してもらえるよう私なりに解説してみます!

 

 

患者中心って?

多くの方が「いい医療」を受けたいと思っているはずです。

  • 最先端の治療がいい
  • 体にも家計にも負担の少ない医療がいい
  • 親身で思いやりのある医療がいい

「いい医療」は人それぞれです。

 

あなたの価値観やあなたの人生にフィットする医療

「あなた専門の医療」

それが「患者中心の医療」です。



どうしたら患者中心になるのか?

何でもあなたの好き放題だったら、それは「いい医療」でしょうか。

医学の知識なしに検査や治療を好き放題選ぶのは、むしろ無謀ですね・・・。

 

では、どうしたら患者中心になるのか?

どうしたらあなたにとって丁度いい医療になるのか?

 

患者中心になるために、4つの要素が挙げられています。*1

患者中心のケアの4つの要素

 

  • 患者を人間として理解する
  • 生物心理社会的視点で捉える
  • 共通基盤を発見する
  • 治療的関係性

 

頭の中にたくさん「?」が浮かんだことと思います。

 

「患者中心」と言っておきながら、この4つの要素をそのまま見ても、あまり患者さんにはピンと来ません。

患者さんどころか、医療・ケアに関わる人でも「なるほどわかった!」と言える人は多くはないでしょう。

 

だからこそのこの記事です。

 

「そもそも、医療って何?病気って?患者って・・・??」と、「患者中心」以前の疑問も多く湧いてくるかもしれません。

そもそも、医療って何?病気って?患者って・・・??

 

医療の知識もなければ、闘病の経験などもない。そんな方でもイメージが掴めるように、「医療」や「患者」という言葉抜きに「患者中心の医療」を私なりに解説してみたいと思います。



医療の経験・知識ゼロから学ぶ「患者中心」

上に書いたように、「医療」や「患者」という言葉は使いません。

なので、そもそも医療の話ではありません。

舞台は、病院ではなく美容院です・・・!

 

美容院なので、登場人物は美容師とお客さんです。

 

医療と美容は次の共通点があります。

  • 一般の人が専門職に身をゆだねる
  • 体に変化をおよぼす
  • 受け手の価値観が大事

医療の話をせずとも、美容院でのやりとりから「患者中心の医療」をイメージできそうだ!というのがこの記事の試みです。

 

そんなわけで、

「患者中心の医療」から一歩下がって、「お客さん思いなヘアカット」について考えてみましょう。

「患者中心の医療」から一歩下がって、「お客さん思いなヘアカット」について考えてみましょう。

 

とあるお客さんが「サッパリとお願いします。」とヘアカットを注文しました。

どうしたらこの人が納得いく「サッパリ」にしてあげられるでしょう?



 

この人の言う「サッパリ」がどのような意味なのか、どうしてそうしたいと思ったのか、聞いてみたいですよね。

 

①「あなたの言うサッパリってどんな感じですか?」

まずは「サッパリとお願いします。」という注文をもう少し詳しく聞かせてもらいます。

 

  なぜサッパリしたいと思ったのか

  どうしたらサッパリできると思っているか などなど

この人なりの考えがわかってくると、好みやニーズが見えてきますね。

 

 

②「ふだんは何をされてますか?どんな格好してますか?」

 

髪型が似合うかどうかは、職業や趣味、普段の服装にも影響されますね。

 

そもそもこの人はどんな人なのかは知っておきたいところです。



 

  どんなライフスタイルなのでしょう。

  職業柄で髪型に制限があるかもしれません。

  ファッションへのこだわりはあるでしょうか。

ここまで聞けると、髪型の方向性も決まってくるのではないでしょうか?



③「具体的なイメージがあれば教えてください。」

何より、仕上がりのイメージを写真や具体例で教えてもらえると話が早いですね。

 

とはいえ、「全てお客さんのイメージ通り」とはいきません。

顔とのバランスや髪質によって、髪型の向き不向きもあります。

そこは、美容師からの意見も合わせつつ、仕上がりのイメージを決めてゆくことになりますね。

 

  晴れ舞台を控えている

  流行に乗りたい  など

目的があれば、それも参考にしたいですね

 



④ お客さんとの関係性も大事

これまでの話が上手く進むかどうかは、お客さんと美容師の関係性にもよります。

常連さんの場合「いつも通りに」の一言で済んでしまいます。

逆に、新しいお客さんならば、うまく歩みよりながら上の①~③を丁寧に聴く必要があります。

 




これまでの①~④を適度なバランスで行っていくと、「お客さん思いなヘアカット」になってゆくと思いませんか?

  ① この人が真に求めていることは??

  ② そもそもこの人、どんな人??

  ③ 仕上がり・目的をちゃんと共有

  ④ 良い関係でお付き合い

状況に応じて、この4つの比重を変えて関わってゆく。

そこが腕の見せドコロでもあります。



さて、最初にお見せした「患者中心の4つの要素」を「お客さん思いなヘアカット」と重ね合わせてみます。

4つの要素のイメージが少し湧いてきたでしょうか。

 

では、これらが実際医療の現場でどう活かされているのか。

どんな風に実践するのか。

 

その名の通り「患者中心の医療の方法」としてまとめられた方法論があります。

ぱっと使いこなせるものではありませんが、修得し甲斐のある技法です。

 

 

ひとまず、今日はここまでとします。

ではまた、プラっとお立ち寄りください。

 

*1:Measuring patients' perceptions of patient-centered care: a systematic review of tools for family medicine

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/21403143/